previous arrow
next arrow
Slider

所在地  : 静岡県御殿場市
主要用途 : 診療所
構造規模 : 改修
延床面積 : 125㎡(約38坪)
竣  工 : 2016年5月
写  真 : 繁田諭

患者として診療所を訪れると、診療所らしい雰囲気そのものに心を暗くしてしまう事がある。
テクスチャーに乏しい科学素材の床・壁、または席数を最大限確保するために壁際に長々と造りつけられたソファなど、ある程度パターン化された診療所らしい雰囲気に自分が健康でない事を必要以上に自覚させられてしまう。その事は特に心療内科においては非常にマイナスの大きい事だと思った。
この心療内科の待合では、思考の整理を目的に一人で訪れるお気に入りの喫茶店や図書館のような身を委ねる事のできるパーソナルスペースの確保と、生き生きした自然素材を使った生命力のある空間を作る事を意図した。
中央に大きなテーブルを設け、その周りを囲うように座る構成とし、置かれたテーブルライトは患者さんのプライバシーを守る目隠しを兼ねる。北側からの採光が柔らかく空間を満たし、ゆったりとした時間が流れる待合空間になった。